パスポート申請についてのよくある質問②~パスポート取得後の疑問編その2~

公開日:  最終更新日:2014/12/04

Q4.パスポートの最後のページに自分の住所を記入する欄がありますが、そこに書いた住所から引っ越しました。変更を届け出る必要はありますか?
A 変更を届け出る必要はありません。

 所持人記入欄は、旅券所持人の氏名や現住所等を任意で記入する欄ですので、住所が変更になった際に以前の住所を二重線で消した上で、欄内に新たな住所を書くことができます。ただし、所持人記入欄がいっぱいになったからといって、査証欄等の他のページに住所等を記載することは控えてください。

Q5. 外国の方と結婚しました。日本の戸籍上は元の姓のままですが、外国では夫の苗字を名乗っています。パスポートに両方の姓を表記することはできますか?
A 例外的に可能です。

 旅券面の氏名は、戸籍に記載されている氏名をヘボン式ローマ字で表記することになっています(旅券法施行規則第5条第1項及び第2項)。
 一方、渡航(滞在)の便宜のため、戸籍で確認ができ、日常的に使用している外国人配偶者の姓や旧姓等をパスポートに表記することが特に必要であると認められる場合には、戸籍上の姓のヘボン式表記の後に、それを括弧書きで併記(別名併記)することを例外的に認めることがあります。
 ただし、この場合、別名併記はあくまでも例外的かつ便宜的な措置であることから、ICチップには記録しないこととしておりますので、ご了承下さい。

Q6.結婚して姓が変わりました。旧姓を旅券に記載することは可能ですか?
A できません。ただし、例外的に併記することが可能な場合があります。

 パスポートの氏名は戸籍に記載されている氏名でなければいけませんので、結婚や養子縁組により姓が変わった場合は、改姓後の氏名でパスポートを作成する必要があります。ただし、外国で旧姓での活動実績があり、旧姓表記でないと支障が生じる場合など、渡航にあたり旧姓などの別名も併記する必要がある場合は、その必要性が確認できる書類等を提出していただき、審査の結果、これが認められる場合には、別名併記が可能です(この場合は姓の後に括弧書きで表記されます。なお、この場合、別名併記はあくまでも例外的な措置であるため、ICチップには記録されません。)。
詳しくは、各都道府県の申請窓口へご確認ください。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • パスポート取得に用意する書類

    パスポート申請支援とは

    パスポート東京都神奈川

    一般旅券発給申請のながれ

    パスポート申請発行料金

    旅券の個人情報について

    パスポート取得したお客様の声

    事務所概要

    パスポート申請代行お役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    海外旅行マル秘マニュアル

    nrtn

PAGE TOP ↑