パスポート用の写真はどんな写真を用意すればいいですか?

公開日:  最終更新日:2014/07/24

パスポート申請用の写真の規格は、平成18年3月20日より新しいタイプのパスポート「IC旅券」が導入されたのと同時に国際標準に合わせて変更になっています。規格に合わないと撮り直しになってしまいますので下記の規格をご確認ください。
頭髪のボリュームが大きい場合や写真の横から顔(髪は含まず)がはみ出してしまう場合、カラーコンタクトレンズや瞳の輪郭を強調するコンタクトレンズを装着した場合は【その他パスポート申請用写真の注意事項】をご覧下さい。

パスポート申請用写真の規格】
パスポート申請用写真に関する注意事項は、以下のとおりです。
・申請者本人のみを撮影したもの
・6カ月以内に撮影したもの
・正面、無帽、無背景
・縦45ミリメートル × 横35ミリメートル(ふちなし)
・カラーでも白黒でも可
・鮮明であること(焦点が合っていること)
・明るさやコントラストが適切であること
・影のないもの
・背景と人物の境目がわかりにくくないもの
・眼鏡のレンズに光が反射していないもの
・平常の顔貌と著しく異ならないもの(例えば、口を開き歯が必要以上に見えているものは不可)
・サングラス、マスク及び前髪などが目を隠すなど顔が確認しにくくないもの
・ヘアバンドなどで頭髪を覆っていないもの
・変色していないもの、傷や汚れのないもの
・デジタル写真の場合、ジャギー(階段状のギザギザ模様)がないもの
・デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であること

パスポート申請用写真の規格変更】
パスポート申請用写真の規格は、国際標準に従い、申請用写真の顔の縦の長さが写真縦(45ミリメートル)の70~80%(34±2ミリメートル)です。
平成18年3月20日より新しいタイプのパスポート「IC旅券」の発給を開始しました。これに伴い、パスポート申請用の写真の規格も国際標準に合わせて変更になっています。

【その他パスポート申請用写真の注意事項】
・頭髪のボリュームが大きい場合
頭髪のボリュームが極端に大きい場合(髪の中央が大きく盛り上がった髪型等の場合も該当します)、「外務省:旅券用提出写真についてのお知らせ」に記載されている適切な写真例を参考にしてトリミングを行ってください。

・写真の横から、顔(髪は含まず)がはみ出してしまう場合
乳幼児の場合など丸顔の場合に、顔の長さを最小である32ミリメートル(70%強)としても写真の横幅内に顔が収まらない場合には、耳を含めた顔全体を写真に収めてください。この場合、縦方向が32ミリメートルに満たなくとも構いません。

・カラーコンタクトレンズや瞳の輪郭を強調するコンタクトレンズを装着した写真の場合
渡航先の出入国審査等において本人確認を行う際に、瞳の色は重要な識別ポイントです。
このため、パスポートの写真がカラーコンタクトレンズを装着したものである場合は、出入国審査等で疑義を持たれる可能性があり、パスポート用写真としては適当でないことから、撮り直しとなります。

 

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • パスポート取得に用意する書類

    パスポート申請支援とは

    パスポート東京都神奈川

    一般旅券発給申請のながれ

    パスポート申請発行料金

    旅券の個人情報について

    パスポート取得したお客様の声

    事務所概要

    パスポート申請代行お役立ち情報

    セールス・ウェブサイト

    クレジットカード(VISA/MASTER/JCB/AMEX/DINERS)

    rtcd

    rtid

    海外旅行マル秘マニュアル

    nrtn

PAGE TOP ↑